So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アメフトでの反則に思う ... [徒然]

20170914_074907.jpg

今日は雨だ雷だって予報だったから山へ行かなかった
なんだよ!一日中天気良好じゃねぇか!
もっとも秋田県辺りは大雨の被害が出てるから軽はずみなことは言えないな ...

日大のアメフト事件が大きな騒ぎになってきた
とにかく酷い反則だった
狙われた関学の学生が今のところ軽傷で済んでいることが幸いだ
半身不随になっても不思議ではない悪意に満ちたタックルだった
アメフトのシステムからして選手が個人の判断であんな行為をするはずがない
いや出来るはずがないのだ
サッカーなどと違い一人一人が専門の職人なのがアメフトだ
だから一休みなど絶対に出来ない
監督の指示は絶対的なもので選手に反論の余地は少ないだろう
ましてや古い体質の日大にあっては監督が指示すれば白いものも黒になる
今回の事件に関して一番許せないことは選手個人に責任を被せていることだ
なんと最低な大学と指導者だろう ...
現内閣や財務省をはじめとする省庁の連中と同じ体質だ

日大を牛耳っているのは恐らく団塊世代前後のOB連中だ
彼らの多くは学生時代 大学の用心棒として飼われていた
大学にとって目障りの学生達を叩きのめし服従させた
現日大の執行部ではそんな連中の多くが要職を占めているのではなかろうか
昔から日大総長選には札束が飛び交うと週刊誌ネタになってきた
それも恐らく事実なんだと思う

今回の事件はたんにアメフト部の問題ではない
日本大学というマンモス企業の組織の問題なのだ
この世の春を謳歌している現在の中枢を一掃しなければこの大学に未来はない
このままでは学生が気の毒でならない


共通テーマ:日記・雑感