So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

おぉっ!「世情」が っ!... [歌手]

DSC_0001.jpg

さほど気温は高くないが湿度が高い
これが苦手だ
暑くてもカラッとしてれば夏も好きだが如何せんジメジメは嫌だ

気温が上がらないうちにとダックスを散歩に連れ出した
ここのところ月初めに打った混合ワクチンのせいなのか元気がなかった
でも数日前より元に戻ったらしく活気づいてきた
たかが犬とは言え家族の一員だからホッと一息ついた

自動録画しておいた”SONGS”を観る
おぉっ!クミコがスタジオで「世情」を唄っているではないか
それもストリングスと男声合唱団を入れた豪華版だ さすがの”SONGS”である
この歌と「百万本のバラ」はクミコのために生まれてきたのではないだろうか
そりゃ当然オリジナルのおトキさんやみゆきさんは良いに決まっている
でも失礼ながらクミコはそれを凌駕しているって自分は感じてしまう

作品の理解度と緊張感そして歌い上げっぷりなら
クミコの右に出る歌手はそうそうはいない
だから最近の作品がじれったくてしょうがない

どうにもテレビがつまらないとくに地上波は ...
演歌無しの本格的な歌番組はBSの合唱しかないのかなぁ ...
クミコはもっと評価されて良い歌手なんだ
いま評価されないとどんどん歳を取ってしまう
なんてもったいないことだろう ...
わがままを言わせて貰うと次のアルバムはどうか歌い上げて欲しい



共通テーマ:日記・雑感

ひたすら登った ... [自然]

DSC_0082.jpg

DSC_0096.jpg

DSC_0114.jpg

DSC_0121.jpg

DSC_0127.jpg

DSC_0149.jpg

DSC_0155.jpg

明日あたりから本格的な梅雨の季節になりそうだ
海老蔵さんの奥様が34歳の若さで亡くなった
二人の幼子を残してさぞかし無念だっただろう
同じ境遇だった眼鏡店のKさん家族が頭を過ぎった
環境は違えど若い母親が逝くことに世の無常が胸を突く ...

ブログを怠けて山を登っていた
ここ4週続けて日曜日は近在の山登りだった
2回は鶴巻温泉駅から大山山頂の往復で
あとは箱根外輪山歩きだった
何れも長丁場でその都度全身の汗が絞り出た
箱根は大文字焼きで知られる明星ケ岳から金時山までのハード縦走と
乙女口バス停から湖尻水門までのハイキングだった
おかげで大分足が出来てきたようで若者を追い抜く場面が多くなってきた
自分なりに登り歩きのバリエーションが増えて休むことが極端に減っている
元の木阿弥にならないよう間を空けずにまた何処かを登らなくちゃならない
それというのも来月槍ヶ岳を登る予定だからである
上高地からの長丁場を避け新穂高からの西鎌尾根コースを予定している
上高地と言えば梓川沿いの林の道ですれ違った麻倉未稀さんの病状はどうなのだろう
もう乳がん手術は終えたのだろうか ...

来週は真梨子さんのコンサートがある
真梨子さんもけっして健康とは言えないが今年もあの歌唱に会えることに感謝だ



共通テーマ:日記・雑感

映画館の真梨子さん ... [歌手]

doc00215120170413123933_001.jpg

81SeopaQTFL__SL1500_.jpg

いよいよ苦手な梅雨に入るらしい
5月から盛夏のような日々が続いた
最近では9時過ぎにダックスの散歩に出掛けているが
それでもアスファルトは既に高温で慌ててダックスを抱き上げる

安倍晋三さんとその取り巻きが繰り広げる陳腐劇が佳境に入ってきた
誰が見聞きしたってあまりにもドタバタ過ぎている
財務省や文科省の役人達を見ていると
あぁこれが役人なのかと今更ながら侘しく情けなく感じてしまう
それにしても閣僚達の愚かさぶりは一体何なのだろう
自分の周りを見渡してもあんな低俗な人間は一人もいない
あまけに大新聞までもが政権に媚びているのだから何をか言わんやだ

安倍晋三さんしかりトランプさんしかり
プーチンさんしかりサダトさんしかり金正恩さんしかり ...
愚か者に権力を与えると社会が破滅に向かい出す
なんだか暑さが倍増しそうな気がしてきた

真梨子さんの”On Screen”鑑賞に行ってきた
桜木町にある横浜ブルク13というシネコンで最新の設備を備えている
第一部は日本橋での本人登場とミッツマングローブとの対談が中継された
20分の休憩を挟みいよいよ本編が流れる
これぞデジタルと感心するほどの音響でさすが最新の映画館だった
過去のカーネギーホール公演時のフィルムも流れたが2回目公演の際
ニューヨークを散策する真梨子さんの表情が実に可愛かった
映像での鑑賞に懐疑的だったが素晴らしさにのめり込んでしまい時の経過を忘れる
程だった
最近の真梨子さんは命を懸けて歌っているって強く感ずる
元々の実力に魂を込められると聴く側は尚更圧倒される
こんな歌い手を彼女意外に知らない
それにしてもドラムのドンシャリはどうにかならないものか ...

拓郎のトリビュートアルバムが届いた
あまり好みでない歌手達だが「流星」を歌っている ”Mrs. GREEN APPLE”というバンドが断トツで良かった
拓郎自身も褒めているようだが間違いなくメジャーになりそうなバンドである



共通テーマ:日記・雑感

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ