So-net無料ブログ作成
検索選択

ラッセル ... [徒然]

moon.jpg

雪崩で死んだ若者が気の毒でならない
何故あの時あの場所でラッセル訓練をしたのだろう
引率のリーダーだった教諭は”あり得ない事故”だったように
記者会見で話していた
彼は「責任」と発してしまうところで口ごもり「反省」と言い換えたように思えた
斜度30度に降り積もった春の新雪が滑りやすいことに思いが至らなかったのだろうか
経験の豊富さが妙な自信と確信を生んでいたのだろう
慎重さを学ばせることもベテランの役割だったはずだ
責任論をぶつつもりはないが見す見す若者の命を奪ったことが残念でならない

独立して家を出た娘の部屋に二台のピアノがある
音を出さなくとも毎年の調律は欠かせない
今年もその調律が終わった
グランドピアノの横にチェロが立てかけてある
娘が音大時代に選んだ副科の楽器だ
中古だが心に染み入る音が出る
子育てと仕事の掛け持ちで疲れ切っている娘には音楽に勤しむ時間はない
ピアノはともかくチェロなら俺でも何とかなるかも知れない
楽器だって置かれているだけじゃ可哀想だ
年寄りの手習いに音楽教室へ通ってみようかと思っている

いつの間にかAmazonのプライム会員とかになっている
登録した覚えはない
年会費が3千円ちょっとでなんだか馬鹿らしいが音楽が聴き放題だという
まぁCDを買うよりは全然安いか
早速Bluetooth経由でスピーカーに音を出した
クラッシックから歌謡曲までほとんどが網羅されている
おまけにスマホにダウンロードもできる
こりゃ便利だ
もうCDを買う時代ではなくなったな ...





共通テーマ:日記・雑感

桜の木の下で ... [徒然]

DSC00778.jpg

果樹園君から釣りの誘いがあった
久しぶりの海だから行きたいのは山々だったが
誘いの日は墓の掃除と決めていたので諦めた
もっとも以前から彼岸と盆は殺生をしないことにしているので
予定がなくとも断っていた
でも海に出たい気持ちは強く残る

NHKの「ワイルドライフ」の録画を観た
知床で生きるヒグマ親子のドキュメンタリーだ
過酷な自然に身を置く親子に唯々感動した
命がけの捕食 子別れ 独立 ...
画面に向かって ”頑張れ!”と声を発する自分がいた
再生を終え部屋を出る
玄関で丸まっているダックスを思わず抱きしめた
ダックスの温もりに思わず涙が流れてしまう
こんな姿を嫁さんに見られたら笑われたことだろう

安倍内閣が陰りだした
真っ当な国民であれば今の政権と自民党には愛想を尽かしているはずだ
正直のところ港を離れ航海し始めた頃の安倍さんには期待もしたし
良くやっていると好感もしていた
でもその後の舵取りは滅茶苦茶になった
「驕る平家は久しからず」の故事そのままで先を読めなくなったようだ
やはり船長の器ではなかったのかも知れない
安倍さんの悲劇は取り巻き(奥さんも含めて)に恵まれないことも大きな原因だ
国民が一番馬鹿をみることになる
同じような事態が ”東芝”にも起きてしまった
被害者は当然社員になる
政治だろうが企業経営だろうがリーダーに先見性と能力がなければ
ただの ”お山の大将”でしかない

日本人の美徳の一つは ”情緒”だと思っている
何事にも相手の立場を踏まえそしておもんばかる
美しいものには感動し弱きものには涙するそして手を差し伸べる ...
もうそんな時代じゃないのだろうか
時代錯誤と笑われるのだろうか

NHKの「火花」がいい
なんかすごくいい
若者がもがき苦しんでいる
でもちゃんと明日を見てる
タイムマシンに乗れたなら自分も若者に戻りたい

今年も満開の桜の下に人々が集い感動し喜び笑いときに涙するのだろう
まだまだ日本も日本人も捨てたものじゃないはずだ
なんとか正しい方向に船首が向かうことを願うだけだ



共通テーマ:日記・雑感

ぼやきたくはないけどさ ... [憤り]

DSC_037.jpg

今週は彼岸に入る
それにしても寒い
玄関に置いてあるケージの中でダックスが丸くなる
冬に入ってから毎日湯たんぽを入れている
来客が一様に笑う「甘すぎない?」って
そうかもしれない
でも止められない
ダックスが最近悪戯をする
起用に口を使い湯たんぽの栓を開けてしまうのだ
あぁ可愛い ...まるで馬鹿だ ...

税理士から税額が確定したとの連絡が入る
4月に入れば預金から自動でお上が吸い上げてゆく
ハァもったいないと思わずため息が漏れそうだ
でも仕方がない国民の義務だから ...

あまり否定的なブログは書きたくないが書かずにいられない
ましてや納税の時期だから余計である

何だよっ!あの「森友学園」事件ってのはさ!
冗談じぇねぇぞっ!
税の元締めの財務省があんなインチキをしているとは!

最近やたらと「忖度」って言葉を見聞きする
今回の件も木っ端役人が安倍首相を忖度してのことだと識者が言っていた
まぁ当たりだと思うよ
いいよいいよその通りだとしてもね
だったら国民の現状も忖度しろって言いたいね
現実の景気なんてちっともよくなっちゃいない
比例して人の心も荒んでいる
空き家とシャッター通りばかりが増えている
医者へ行ったってデパートへ行ったって接客がなっちゃいない!
”こんな日本に誰がした!”って言いたくもなるじゃねぇか!
なんでもかんでも政治のせいにするわけじゃないけど
今の政治家や役人を見ているとそう思わざるを得ないじゃないか!
あんな狂った”似非教育者”隠しに”南スーダンでのPKO”終了で
カモフラージュするのだから呆れる 
自衛隊員の命をどう考えているのか ...

いつものことだけど俺が怒ったって何かが変わるわけじゃない
世の中が何かこう「イライラモヤモヤ」って気分に満ちている
こんな時の気分直しってみんなどうしているのだろうなぁ



共通テーマ:日記・雑感

優しい偽善 ... [徒然]

mu.jpg

いつもの道順でダックスの散歩に出かけた
コルセットで締め付けられた歩行は窮屈そうで可哀想だ
でもヘルニアの再発はご免だ
ダックスも痛いだろうが飼い主の懐にも大きな激痛が走る
こんな不自然な体型を生み出した人間の身勝手さを恨みたくなる

東日本大震災から今日で6年が経過する
テレビもラジオも特集を流している
風景としての復興は進んでいるように見えるけど
被災者の心の復興は閉ざされたままのようだ
被災地は地震の後も大雨被害で打ちのめされた
気の毒などと言う言葉より申し訳ない気持ちでいっぱいになる

仮想空間でいくら優しい言葉をかけようといくら励ましをかけようと
実際に行動しなけりゃ始まらない
自分の偽善さに嫌気を覚える ...

4月から拓郎のラジオが復活するらしい
今年も元気で居てくれることに安堵した

テレビ神奈川で再放送されている「深夜食堂」が昨晩で最終回を迎えた
毎回録画してずっと保存している
疲れたとき苛立ったときに繰り返し再生する
なんともない日常を小林薫が扮するマスターと個性的な客達が癒やしてくれる
何度繰り返し観ても心が豊かになるようだ
こんな番組が増えてくれたならもう少し誰もが優しくなれるのだろうか





共通テーマ:日記・雑感

ナイアガラ ... [音楽]

DSC_0046[1].jpg

もう彼岸だというのに朝晩の冷え込みがきつい
でも日中の陽射しはさすがに春らしく柔らかくなってきた

Kさんから頂戴した ”ピンクレディ”のDVDを再生した
正直のところあまり興味は湧かなかった
それどころかこんなことでもなければ
死ぬまで目にすることはなかっただろう

再結成のメモリアルコンサートだ
2年間で100回の公演をしたという
彼女たちの年齢を知るだけに驚く
DVDはそのラストワンとラストの2枚組で演出が違っている

内容は素晴らしいの一言
歌はうまいし踊りは切れがあるし聴衆は乗りに乗っているしで
こんな楽しいDVDも珍しい
一時でもあの頃へ戻った気分になる
東京国際フォーラムAホールを埋めた満員のファンが全員で踊っている

Kさんのドラムも小気味よい
ギターは拓郎のツアーメンバーの一人 渡辺格さんだ

人生なんて何が起こるかわからない
こんな田舎町でKさんと知り合う何てねぇ ...

ラストステージのゲストミュージシャンたちに恐れ入る
キーボードが ”井上 鑑”
ギターが ”松原 正樹”
ドラムスが ”村上ポンタ”...
驚いた!
そしてサポートバンドのKさんたちである
何とツインで演奏しているのだ
これは間違いなく「ナイアガラサウンド」だ

とても気持ちが良くなるDVDだった
なんだか苦手な春が少しは楽しくなってきそうに感じるような ...



共通テーマ:日記・雑感

ミーちゃん ケイちゃん ... [徒然]

001.jpg

久しぶりにギターケースの蓋を開ける
弦を全て新品に張り替える
調音する
拓郎の「ある雨の日の情景」を弾いてみる
コードはいたってシンプルなこの曲が好きだ
若き日の天地真理の歌唱が素敵でもある
拓郎の奏法はコピー済みだ ...

ややっ!音が出ないっ!

最後に弦を弾いたのは2年前だっただろうか ...
...情けない 指に力がなくなって無理に押さえると痛くてしかたがない ...
根性もなくなっているからそのままケースにしまい込んだ
あぁと苛立ち紛れのため息をついた
俺なんてこんなものなんだな だめなやつだ ...
でも音楽がなけりゃ暮らせない 
音楽がなけりゃ生きる喜びも半分だ
まぁちょっとずつ進んで行くしかないはなぁ ...

今日は先日のKさんが再訪してくれた。
彼のドラム演奏が収められたDVDを持ってきてくれたのだ
夕方に埼玉へ出張とのことですぐに帰ってしまったが
律儀な人柄の青年だ
掲載写真がプレゼントしてくれたDVDだ
次回はゆっくりと音楽談義をしましょうと言ってくれたのが嬉しい

ところでラジオの ”過払い金”CM何とかならないか
五月蠅いし気持ちが萎える




共通テーマ:日記・雑感

春一番 ... [徒然]

DSC_00.jpg

ウダウダ ヨロヨロ グチグチしてたらもう三月になってしまった
ハァ ...何て残り少ない時間を無駄に貪っているのだろう
まぁしょうがないよね これが自分の性分だからさ

うっかりテレビもつけられない
憤慨する情報ばかりだもの

かまやつひろしさんが亡くなった
ポップスの先駆者だった
かまやつさんに影響を受けた若者は数え切れないほどいるはずだ
亡くなる数日前に「ミエと良子のおしゃれ泥棒」が久しぶりにオンエアされた
過去の出演者の一人にかまやつさんが居て顔のことで二人に弄ばれていた
三人のやりとりがあまりにも可笑しすぎて腹がよじれた

拓郎が提供した「我が良き友よ」はかまやつさんの代表曲になったが
かまやつさんは嫌がっていたらしい
そりゃそうだ ロックミュージシャンの沽券にかかわると感じたのだろう
しかしそのミスマッチが功を奏して名曲になった
拓郎の先見にあらためて感嘆する
面白いもので森山良子も大ヒット曲「禁じられた恋」を当初は嫌っていたらしい
フォークの女王だった彼女にすれば納得出来なかったのだろう
ともあれいとこ同士がミスマッチで大成功したのだから愉快な話だ

先日ひょんな事でプロドラマーのKさんと知り合った
フリーランスのドラマーで今はもっぱら弱者救済の活動をしているという
彼の演奏がYouTubeに上がっている
うわっ!凄い!さすがプロだは ...
名だたる歌い手達のLIVEやレコーディングに参加していた
ドラマーを専業としないことに訳があったがそれは書かずにおこう

春の強風がもう二番三番になった
その風に乗ってかまやつさんが空へ上っていった
その風に乗ってKさんと巡り会えた
自分の人生の多くが音楽に支えられてきた

今年の春はいつもにもまして我が身を振り返るのだろうか ...




共通テーマ:日記・雑感