So-net無料ブログ作成

桜の木の下で ... [徒然]

DSC00778.jpg

果樹園君から釣りの誘いがあった
久しぶりの海だから行きたいのは山々だったが
誘いの日は墓の掃除と決めていたので諦めた
もっとも以前から彼岸と盆は殺生をしないことにしているので
予定がなくとも断っていた
でも海に出たい気持ちは強く残る

NHKの「ワイルドライフ」の録画を観た
知床で生きるヒグマ親子のドキュメンタリーだ
過酷な自然に身を置く親子に唯々感動した
命がけの捕食 子別れ 独立 ...
画面に向かって ”頑張れ!”と声を発する自分がいた
再生を終え部屋を出る
玄関で丸まっているダックスを思わず抱きしめた
ダックスの温もりに思わず涙が流れてしまう
こんな姿を嫁さんに見られたら笑われたことだろう

安倍内閣が陰りだした
真っ当な国民であれば今の政権と自民党には愛想を尽かしているはずだ
正直のところ港を離れ航海し始めた頃の安倍さんには期待もしたし
良くやっていると好感もしていた
でもその後の舵取りは滅茶苦茶になった
「驕る平家は久しからず」の故事そのままで先を読めなくなったようだ
やはり船長の器ではなかったのかも知れない
安倍さんの悲劇は取り巻き(奥さんも含めて)に恵まれないことも大きな原因だ
国民が一番馬鹿をみることになる
同じような事態が ”東芝”にも起きてしまった
被害者は当然社員になる
政治だろうが企業経営だろうがリーダーに先見性と能力がなければ
ただの ”お山の大将”でしかない

日本人の美徳の一つは ”情緒”だと思っている
何事にも相手の立場を踏まえそしておもんばかる
美しいものには感動し弱きものには涙するそして手を差し伸べる ...
もうそんな時代じゃないのだろうか
時代錯誤と笑われるのだろうか

NHKの「火花」がいい
なんかすごくいい
若者がもがき苦しんでいる
でもちゃんと明日を見てる
タイムマシンに乗れたなら自分も若者に戻りたい

今年も満開の桜の下に人々が集い感動し喜び笑いときに涙するのだろう
まだまだ日本も日本人も捨てたものじゃないはずだ
なんとか正しい方向に船首が向かうことを願うだけだ



共通テーマ:日記・雑感