So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

「本音を申せば」が再開だっ! [徒然]

20171009_115500.jpg

寒くなる寒くなるとの予報の割には心地よい一日だった
小林信彦さんの「本音を申せば」が再開された
これと「家の履歴」を読むためにずっと週刊文春を買い続けている
小林さんはご高齢だから心配していた
好き嫌いが明確で辛辣な批評はもう読めないと諦めていた
脳梗塞を患ったことが休載の原因だったらしい
快復されて本当に良かった

NHKで「切れる高齢者」を特集した
確かに自分も怒りやすくはなっている
いよいよ切れ老人の仲間入りかな
でも年齢だけの問題なのだろうか
当たり前だった道徳だとか常識が今は様変わりしている
子供の頃の夢だった社会が現実で動いている
クリック一つで物が買える
自動で車が動くそして止まる
掌に世界中の情報が踊る ...
数え上げたら際限のないほど便利な世の中になった
それらと引き換えに人の心が冷たく脆くなってきた
老人たちは若かった頃の社会と現在とのギャップにただただ戸惑う
若者たちも気の毒だ
無機質で居心地の悪いこれからを生きて行くのだから
と こんなことを書いている自分自身が既に漂流老人の端くれなのかもしれない

真梨子さんが今年も紅白に出場する
嬉しいような寂しいような複雑な心境だ
ネット配信が主流の今はCDなんぞ先細りでしかないのだろう
歌手だから歌が売れなきゃ話にならない
自身の信念を貫くなんて格好つけたって仕方がない
よーくわかる
でも何もベテランの域の彼女が今更なんて愚痴るのは老ファンの我が儘なのかな ...


共通テーマ:日記・雑感

また サボった ... [徒然]

20170914_050749.jpg

20170914_063456.jpg

20170914_065545.jpg

20170914_072439.jpg

20170914_072455.jpg

20170914_072459.jpg

20170914_075250.jpg

20170914_081233.jpg

20170914_083247.jpg

20170914_083621.jpg

20170914_084432.jpg

20170914_103236.jpg

20170914_125820.jpg

会計ソフトの新規インストールを機会にパソコンを入れ替えた
ついでにOSもWindows8から10に新調した
慣れの問題だろうがどうもWindows10は好きになれない
それを理由にまたしてもブログの更新を怠けてしまった

紅葉見物がてら蝶ケ岳を登ろうと考えていたが
この時期になってしまうと稜線は冠雪して結構危ない
だいいち専用バスも終わりを迎える
この秋世話になった仙丈ヶ岳の馬の背ヒュッテもとっくに小屋閉めになった
あぁぁ...だ
今更仙丈ヶ岳の続編を書くのも気が引けるから
チョコッと写真だけ上げておこう

秩父山塊の乾徳山に行ってきた
よせば良いのに推奨コースを反対に回ったので二回ほど道迷いをしてしまった
この日も山頂は360度のパノラマを自分一人で独占してきた
荒川岳から甲斐駒まで南アルプスが雲の上に浮かんでいた
あっ!それから富士山も
例えようのない至福のベールが我が身を包んだことは言うまでもない

この国を得体の知れぬ黒い霧が覆い始めた
政治も経済も犯罪も一昔前とは比較にならないほど劣悪化している
人の心がどんどんと荒んでゆくようで暗澹たる気持ちになってしまう

共通テーマ:日記・雑感

足を作っていざ「仙丈」へ ... [自然]

senjyo1.jpg

senjyo2.jpg

senjyo3.jpg

senjyo4.jpg

senjyo5.jpg

senjyo6.jpg

senjyo7.jpg

senjyo8.jpg

senjyo9.jpg

senjyo10.jpg

senjyo11.jpg

前回も書いた中島みゆきさんの「 Nobody Is Right」が心にとまる ...
「正しさと正しさとが 相容れないのはいったい何故なんだ...」

週刊誌のスクープ記事とそれを後追いするテレビを見ているとこの歌が
強烈に頭を過ぎる
芸能人から政治家までフリンフリンのオンパレードだ
秋を告げる虫の音じゃあるまいし ...
失礼ながら浮気なんて今始まったことじゃない
地位と金を手に入れたら後は女だけってのは世の東西を問わず
太古の昔から卑しい男の性ってもんだ
それが今じゃ女も同等のようだ
とんだところで男女機会均等だ
まぁそれだけ女性が強くなったんだろうね
いつも書いているけど女性がリーダーシップを発揮する世の中って素晴らしいと思う
だから下世話な話題を提供する女達には心底腹が立つ
「どうせ女だから」と蔑みの評価を下す男の数は一向に減らなくなる
選挙制度も考え直さなきゃいけない曲がり角に来ているような気がする
こんなことを書き連ねている自分だけどみゆきさんに「辛いだろうね」と声かけられるような人間じゃないし後ろめたい部分もたくさんある
あれっ!おれは何を書いてんだ 馬っ鹿じゃねぇのか ...

今月の初め久しぶりに箱根外輪山の三国山を歩いた
暑い日だったせいもあったのだが途中で吐き気をもよおすほどバテた
天候悪化で歩けなかった8月のおかげですっかり駄足に戻っていた
毎週だと箱根周辺は交通費が馬鹿にならないし丹沢はヒルが嫌だしとあれこれネットを
検索していたら「湘南平」を取り上げたブログを発見した
登山から観光までを簡潔丁寧にまとめてくれているブログで大いに参考にさせて貰った
※もしご興味のある方はURLを貼り付けておきますので是非ご訪問を ...
 http://iwalkedblog.com/

2週続けて大磯を巡り足作りに励んだところで「仙丈ヶ岳」に効果の確認に行ってきた
「北岳」でも「甲斐駒ヶ岳」でも良かったのだがまずは比較的楽の出来る仙丈ヶ岳で様子を見ることにした

単独行だったので登山よりも長距離の運転が嫌だった
午前10時発のアルプス林道バスに乗車した
23人乗りのマイクロバスは老若男女で満員になる
もっともほとんどが老男女だったが ...

終点の北沢峠手前の「大平小屋」で下車する
降りたのは自分一人だけでホッとする
よく「一人で寂しくない 怖くない?」なんて問われるが偏屈な俺には最良の環境なのである
小屋泊とはいえ途中で何があるか分からないので結構な重量になったザックを背負い
「大平小屋」の脇から出発だ
樹林帯をしばらく進み沢筋に出る
想像に反し沢を流れる水量が少ない
丸太を渡り対岸で一息突く
「iQOS」で一服する 
あぁ不味い ...タバコとは全然違う ...
八ヶ岳SAで買ってきたウインナーパンをかじっていると
年配の夫婦と単独行の男性が上がってきた
やはり同じ場所で休憩をした
夫婦の方は相当にバテているようだった
でもここから急登が始まるのである
挨拶をして先に進んだ
振り返ると「鋸岳」がはっきりと見える
大汗をかきながらガレ場を進む
大滝が見えてきたがいつもより水量が少なく迫力に欠ける
いよいよ「甲斐駒ヶ岳」が姿を現した
雪のような白い肌が美しいこの山が本当に好きだ
疲れがすっと抜けてくれるような景色にただただ見入るだけだ

沢筋を外れ再び緑の空間に戻る
登山道が歩きやすくなった
いよいよ今夜の宿である「馬の背ヒュッテ」が近くなった
コースタイムより30分は早く到着したが自分の足を褒めてやった
小屋はほぼ満室で畳1枚の空間がマイルームである
(ただしカーテンその他の囲いは一切無いのでただの雑魚寝です)
夕食はウインナー付きのカレーライスでおかわりは自由と言われたが
食欲もいまいちだったので早々に引き上げた
ちなみに今年から経営者が美人女将になったが
自分には以前の元気な兄ちゃんが良かったような気がした
続きは明日書きます


共通テーマ:日記・雑感

人間なんて ... [徒然]

akubi.jpg

久しぶりに雨が降ってくれた
おかげで気温も下がり気味で助かる
朝方ダックスを連れて果樹園君の畑へ出向いた
梨の出荷が始まり早朝から家族一丸で作業をしている
自然が相手の仕事だから他人には分からない苦労が多い
雨の少ない今夏など水遣りだけで大変な労力を費やしている

帰宅途中で雨が落ちてきた
ダックスも着ていたTシャツも濡れてしまったが気分は良かった
ダックスも元気に歩いてくれた
夏とは言えども適度の暑さが一番だ

仙台市長選でも自民党は負けた
横浜はどうなるのだろうか ...

獣医学部の新設は大いに結構なことだ
獣医が多くなり動物病院の競争が始まれば
医療費が安くなるかも知れないものな ...

しかし「加計」の場合はアウトだな
どう善意に捉えても許認可が不自然すぎる
学部を新設することなんて悪いことじゃない
それが大騒ぎになったってことは悪事がたくさんあるのだろうさ

仙台で震災後の公費による建物解体で騒動が起きているとの記事を目にした
解体費用を差し引いた金額で土地建物を引き取った買主がその解体を税金で
賄ったとのことだ
その買主が何と仙台市長選に立候補した人物だというのだから驚く
宮城県知事も夢中で応援していたらしい
我が市でも土地がらみで失脚した市長がいた
そのときもこの知事がわざわざ出向いて応援してたっけ ...

中島みゆきの歌に「Whi&No」「Nobody is Right」という曲がある
この国の世相を見事に切り取っているような作品だ
人間の内側を射貫く彼女にまたしても驚嘆する

ダックスの奴身体を拭き終えたら大きなあくびをしやがった


共通テーマ:日記・雑感

ファイト! ... [徒然]

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

ものすごい暑さが続いている
雨も降らないまま梅雨が明けそうだ
豪雨が人の命も生活も奪ってしまった地域もあるのに
空梅雨で水不足に陥る東京のような地域もある
とうとう自然界にも格差が生じてしまうのだろうか
せめて気象だけでも平均を保って欲しいものだ

テレビ朝日の「やすらぎの郷」を当初から観ている
昭和の大スター達が揃い踏みし脚本が倉本聰で主題歌が中島みゆきときては
観ない方がどうかしている
昨日の放送は泣けてきた
テレビ最盛期を裏で支えてきた職人が奥さんの死を追うように亡くなり
二人の葬儀で好きだった「ファイト」を弔問者達が歌うシーンだ
いやぁ参った ...
ドンピシャの選曲だったもの ...

歌は人生に欠かせない重要な存在だ
自分の場合など歌が無ければ生きている証がないのではないか ...
馬鹿みたいだが山の選択も勝手に歌を重ね合わせる
丹沢なら真梨子さん
天城なら石川さゆり
秩父や南北アルプスなら拓郎と中島みゆき
ってな具合である
”天城山”縦走などは顕著であり頭の中は常に「天城越え」が流れている
胸の中で「流星」が流れる”仙丈ヶ岳”の稜線歩きなどこの上ない幸せだった
そして苦しかった”甲斐駒”の直登の際は「ファイト」が流れ出した
もしかして頂を目指せる原動力は歌のおかげなのかもしれない


共通テーマ:日記・雑感

観る山を登った ... [自然]

doc00215120170413123933_001.jpg

DSC02850.jpg

DSC02864.jpg

DSC02877.jpg

DSC02898.jpg

DSC02909.jpg

DSC02921.jpg

DSC02925.jpg

連日の猛暑でしばらくは山歩きも中断かと思っていたら
測量士のK氏から「富士山」登山の誘いが入った
自分もK氏も富士山は登ったことがない
毎日我が家のベランダ越しに美しい姿を見せてくれる日本一のあの山だ
我が家から見渡せる山々はほぼ完登したのだが富士山だけは除外していた
やはりあの山は観るものだと心に決めていた
独立峰で五合目からは植物や動物ともほぼ無縁のあの山は遠くから眺めることが
最良の鑑賞になる
ただ「山をやっていて富士山を登ったことがないの?自分は登ったよ」と多くの知人からからかわれることもしばしばだった

早朝3時30分に我が家を出発し厚木でK氏と合流した
東名高速を御殿場で降りて富士宮登り口に5時過ぎに到着した
5合目駐車場はすでに登山者達の車で埋まっており最下段のスペースに愛車を止めた
神秘的な影冨士が新参者を迎えてくれた

ストレッチを終え登山口へと歩を進める
上を見上げると荒涼とした茶色の斜面が空まで延びていた
はたして無事に登れるのだろうかと不安が頭をかすめる

赤土と石ころだらけの斜面をジグザグにただただ進む
K氏は体調が悪いようだ
彼は2000mを超えるといつもこの調子になる
登山口が2400mだったからおそらく出発の時点で変調していたのだろう
7合目付近で「戻ろう」と声をかけたが「頭痛も吐き気もないから大丈夫」と答えた
K氏は結構百名山を歩いている経験者だから無茶な行動はしないと信じ
「じゃあ無理をするなよ」と先へ進んだ
自分はと言うと毎週の山歩きのおかげか信じられない程足が出来上がっていることに驚く
何人もの登山者を追い越して生涯初めての富士山頂に辿り着いた
まだ所々に残雪が敷かれている
残念だったのは浅間神社が閉ざされていたことだ
おそらく7月10日から開かれたのだろう

9合目に下ったときK氏とすれ違う
足取りは重そうだったが体調は好転しているみたいだ
「下の小屋で待ってるね」と声をかけ彼を見送った

二人とも初めての富士登山を成功させたがあらためて観る山だと実感した

共通テーマ:日記・雑感

真梨子さんから出女まで ... [徒然]

DSC_0006.jpg

DSC_0009.jpg

DSC_0025.jpg

DSC_0030.jpg

DSC_0034.jpg

DSC_0037.jpg

DSC_0045.jpg

DSC_0049.jpg

DSC_0059.jpg

DSC_0070.jpg

DSC_0072.jpg

DSC_0092.jpg

DSC_0099.jpg

DSC_0103.jpg

DSC_0105.jpg

DSC_0110.jpg

DSC_0114.jpg

DSC_0115.jpg

7月に入り暑さも本番になってきた
生来の汗かきだからちょっと掃除をしただけでも汗まみれになる

ここのところ腹の立つことが多く何をするのも嫌になっていた
それでも真梨子さんのコンサートが苛立ちを鎮めてくれようだ
場所は神奈川県民ホールでいつもだと秋の終わりが定番のホールだ
夏以降は改装に入るので梅雨時のステージになった

定刻に幕が上がり「裏窓」のイントロが流れ出す
真梨子さんは身体を横に向けている ...
舞台袖にむかって盛んに指差しをしている ...
MCで分かった事だが何とイヤモニにピアノが入ってこなかったらしい
慌てる真梨子さんの姿は久しぶりだったから得した気分になった
「裏窓」は浜田金吾の作品で好きな曲だ
浜田はそれ以外にもかなりの曲数を真梨子さんに提供しているが「裏窓」はその中でも
秀逸な作品だと感じている
心許なくなるほど華奢な真梨子さんだが歌唱はいつもの通り力強かった
「フレンズ」が当初のフレーズで唄われた
修羅のごとく生きた ...
母子の人生を知れば知るほど胸に染み入る出だしの一行だ
前日の客席でスタンディングのトラブルがあったためか
「オレンヂ」での盛り上がりが欠けたような気がした
いつもだと立ち上がるファンが多いのだがこの日はまばらで驚いた
周囲が立たないので自分たちもそれに従ったが真梨子さんはヘンリーさんに
目配せをしていたように感じた
まぁ自分の場合スタンディングが気恥ずかしいので丁度良かったが
さすがに「グランパ」では総立ちになっていた

先週の日曜日はまたしても箱根外輪山歩きに行ってきた
今回は箱根湯本駅から関所までの山歩きで途中大平台駅の紫陽花も見物した
これでほぼ9割の外輪山を歩くことになる

”浅間山”登山口が分からなくなったが親切な地元男性が入り口まで案内してくれて大いに助かった
久しぶりに親切な人に出会いそれまでのモヤモヤがサッと消えた気分になった

浅間山~鷹巣山~精進池~お玉が池~屏風山と進み最後の関所跡はもうすぐだ
ところで浅間山の頂上付近に立つ「浅元神社」は何故 ”元”なのか気になる ...

どの山もほとんど眺望は望めず強い湿気だけが身体を包んでいた
車の騒音と人の声が遠くに聞こえだした
ホッと一息つく
ゲゲッ!
階段場に立つと下が見えない!
経験が無いほどの急勾配ではないか!
一歩一歩注意を払いながら下り始めたが腹が立つほどの勾配が延々と続く ...
下りだからまだ良いがこれが登りだったらと思うとぞっとする
一人愚痴をこぼしながらやっと階段が終わった
バス停の長い列が見える
座れっこない!
仕方が無いので湖尻まで歩き始めたが何と暑いことだったか ...
まぁ一日を通して雨が降らなかったことだけが幸いだった
帰りはもちろんロマンスカーの椅子に座り込んだのである






共通テーマ:日記・雑感

おぉっ!「世情」が っ!... [歌手]

DSC_0001.jpg

さほど気温は高くないが湿度が高い
これが苦手だ
暑くてもカラッとしてれば夏も好きだが如何せんジメジメは嫌だ

気温が上がらないうちにとダックスを散歩に連れ出した
ここのところ月初めに打った混合ワクチンのせいなのか元気がなかった
でも数日前より元に戻ったらしく活気づいてきた
たかが犬とは言え家族の一員だからホッと一息ついた

自動録画しておいた”SONGS”を観る
おぉっ!クミコがスタジオで「世情」を唄っているではないか
それもストリングスと男声合唱団を入れた豪華版だ さすがの”SONGS”である
この歌と「百万本のバラ」はクミコのために生まれてきたのではないだろうか
そりゃ当然オリジナルのおトキさんやみゆきさんは良いに決まっている
でも失礼ながらクミコはそれを凌駕しているって自分は感じてしまう

作品の理解度と緊張感そして歌い上げっぷりなら
クミコの右に出る歌手はそうそうはいない
だから最近の作品がじれったくてしょうがない

どうにもテレビがつまらないとくに地上波は ...
演歌無しの本格的な歌番組はBSの合唱しかないのかなぁ ...
クミコはもっと評価されて良い歌手なんだ
いま評価されないとどんどん歳を取ってしまう
なんてもったいないことだろう ...
わがままを言わせて貰うと次のアルバムはどうか歌い上げて欲しい



共通テーマ:日記・雑感

ひたすら登った ... [自然]

DSC_0082.jpg

DSC_0096.jpg

DSC_0114.jpg

DSC_0121.jpg

DSC_0127.jpg

DSC_0149.jpg

DSC_0155.jpg

明日あたりから本格的な梅雨の季節になりそうだ
海老蔵さんの奥様が34歳の若さで亡くなった
二人の幼子を残してさぞかし無念だっただろう
同じ境遇だった眼鏡店のKさん家族が頭を過ぎった
環境は違えど若い母親が逝くことに世の無常が胸を突く ...

ブログを怠けて山を登っていた
ここ4週続けて日曜日は近在の山登りだった
2回は鶴巻温泉駅から大山山頂の往復で
あとは箱根外輪山歩きだった
何れも長丁場でその都度全身の汗が絞り出た
箱根は大文字焼きで知られる明星ケ岳から金時山までのハード縦走と
乙女口バス停から湖尻水門までのハイキングだった
おかげで大分足が出来てきたようで若者を追い抜く場面が多くなってきた
自分なりに登り歩きのバリエーションが増えて休むことが極端に減っている
元の木阿弥にならないよう間を空けずにまた何処かを登らなくちゃならない
それというのも来月槍ヶ岳を登る予定だからである
上高地からの長丁場を避け新穂高からの西鎌尾根コースを予定している
上高地と言えば梓川沿いの林の道ですれ違った麻倉未稀さんの病状はどうなのだろう
もう乳がん手術は終えたのだろうか ...

来週は真梨子さんのコンサートがある
真梨子さんもけっして健康とは言えないが今年もあの歌唱に会えることに感謝だ



共通テーマ:日記・雑感

映画館の真梨子さん ... [歌手]

doc00215120170413123933_001.jpg

81SeopaQTFL__SL1500_.jpg

いよいよ苦手な梅雨に入るらしい
5月から盛夏のような日々が続いた
最近では9時過ぎにダックスの散歩に出掛けているが
それでもアスファルトは既に高温で慌ててダックスを抱き上げる

安倍晋三さんとその取り巻きが繰り広げる陳腐劇が佳境に入ってきた
誰が見聞きしたってあまりにもドタバタ過ぎている
財務省や文科省の役人達を見ていると
あぁこれが役人なのかと今更ながら侘しく情けなく感じてしまう
それにしても閣僚達の愚かさぶりは一体何なのだろう
自分の周りを見渡してもあんな低俗な人間は一人もいない
あまけに大新聞までもが政権に媚びているのだから何をか言わんやだ

安倍晋三さんしかりトランプさんしかり
プーチンさんしかりサダトさんしかり金正恩さんしかり ...
愚か者に権力を与えると社会が破滅に向かい出す
なんだか暑さが倍増しそうな気がしてきた

真梨子さんの”On Screen”鑑賞に行ってきた
桜木町にある横浜ブルク13というシネコンで最新の設備を備えている
第一部は日本橋での本人登場とミッツマングローブとの対談が中継された
20分の休憩を挟みいよいよ本編が流れる
これぞデジタルと感心するほどの音響でさすが最新の映画館だった
過去のカーネギーホール公演時のフィルムも流れたが2回目公演の際
ニューヨークを散策する真梨子さんの表情が実に可愛かった
映像での鑑賞に懐疑的だったが素晴らしさにのめり込んでしまい時の経過を忘れる
程だった
最近の真梨子さんは命を懸けて歌っているって強く感ずる
元々の実力に魂を込められると聴く側は尚更圧倒される
こんな歌い手を彼女意外に知らない
それにしてもドラムのドンシャリはどうにかならないものか ...

拓郎のトリビュートアルバムが届いた
あまり好みでない歌手達だが「流星」を歌っている ”Mrs. GREEN APPLE”というバンドが断トツで良かった
拓郎自身も褒めているようだが間違いなくメジャーになりそうなバンドである



共通テーマ:日記・雑感

アッ!お猿さんが目の前を ... [自然]

DSC_0192.jpg

DSC_0194.jpg

恐怖政治かと見紛いそうな現政権だ
深謀遠慮の欠片さえ見出せない
大衆無視の自己満足に浸り切っているようだ
こうなると民主党政権時のボディブローが今になって強烈に効いてくる
自民党は嫌いでもあの民主党よりはマシだろうと多くの人が思っている
それほどに民主党は駄目だった

まぁ俺みたいな者がぼやいたって世の中何も変わりゃしない
楽しいことを考えるしかないな
そんなときとてつもなく嬉しいニュースが飛び込んできた
好青年の”佐藤琢磨”が「インディ500」で優勝したのだ
信じられないほどの喜びだ
欲しいものの一番が自動車だった世代の生き残りの自分には思わず
感涙してしまったビッグ・ニュースだった
まさか日本人があのビッグ・レースで優勝するなんて考えもしなかった
佐藤琢磨の努力がやっと報われた
心からおめでとうと言いたい

昨日は新しいトレッキング・シューズの試し履きがてら電車利用で大山に登ってきた
鶴巻温泉駅をスタートとして大山までの縦走で行程が約13キロある
久々のロングトレックでちょっと心配だったが8時過ぎに出発した

絞れるぐらいの汗がTシャツを濡らす
何故俺はこんな所を歩いているのか ...
なんの役に立つのだろう ...
馬鹿じゃないのか ...
苦しさでそんなことを頭に浮かべながらひたすら歩いた

鉄塔が並ぶ施設の脇で昼食をとった
コンビニで買ったおにぎりといなり寿司を頬張る
3本のペットボトルは既に2本は空になっている
ちなみに自分の場合”いろはす”しか飲まない
最近お気に入りなのは”梨味”でなかなか見つからないので困る

ボーッとしながら”麻倉未稀”さんの病気が頭に浮かんだ
無事に成功してほしい
またあのパワフルな歌声を聴かせてほしい
彼女もまた自分のヒーローの一人だからな ...

林道を横切り再び樹林帯に入る
うっ!臭い!なんだこの臭いは ...
瞬間 何かが動いた!
げげっ!お猿さんだ!
丸々太った雄猿(多分)がお尻をふりふり悠然と歩いている
慌ててスマホを構えた
と同時に数匹の猿が姿を現した
シャッターを押す前に恐怖から後ろへ下がった
結局10数頭が目の前を横切ったのだが
小心の自分は貴重なシャッターチャンスを逃してしまった
あの臭いは縄張りのためのマーキングだったのかも知れない

厳しいコースからかトレッキングの登山者は出くわさなかったが
トレランの若者は数知れず現れた
なんだありゃ!どうすりゃあんなコースを走れるのだろう
人間の力ってのはすごいなぁと感心した

下社に立ち寄り手を合わせ男坂を下る
垂直に近い階段は肝を冷やしてくれる
得意な下りだからまだ良いがこれを上がるのは勘弁して欲しい
14時ちょっと過ぎに無事帰宅できた
計算してみたら13キロを約4時間強で踏破していた
いやいや俺もまだ捨てたものじゃないなと一人ほくそ笑む
まてよ靴のおかげかもしれないな ...

明日は真梨子さんの「On Screen」に行ってきます!

共通テーマ:日記・雑感

五月の風 ... [徒然]

fuji-1.jpg

昨日の荒天とは打って変わり爽やかな五月の風に包まれている一日だ
命が芽吹き出す季節のせいかダックスも生き生きしている
後ろ足は相変わらずだが散歩の距離が延びてきた

午前中 大きな相談事を解決したお礼にと相談者親子が訪れた
当然仕事としての相談だったので成功報酬は頂戴している
なので改めての礼など恐れ入るばかりだ
高価な菓子と厚めの封筒が差し出された
現金だと分かったが貰うわけにはいかないので菓子だけを頂戴した
当たり前だが躊躇いも後悔もない
気持ちが嬉しかった
こんな自分でも感謝してくれる人がいるのだ
金には換えることができない人の情けというかのか心というのか
上手くは表現出来ないがとにかく嬉しかった

「共謀罪」が今日委員会可決される
そして数の驕りで衆議院でも可決されるのだろう
俺の知らない戦前の日本になってしまうのだろうか ...
気にくわない奴や団体を国家権力が弾圧してしまうのか ...
オリンピックに名を借りてやりたい放題の現政権に呆れどころか恐ろしさを感じてしまう

ペンにも歌にもそして俺たちにも昭和の反骨が今はない ...
不条理な風にただただ身を任せていることに虚しさだけが身体をすり抜けてゆく ...



共通テーマ:日記・雑感

「ネモフィラ公園」にいざ行かん ... [徒然]

DSC02707.jpg

ちょっと早かったが予報通り雷雲が覆ってきた
重苦しい黒雲に稲妻が走る
薄暗さと雷鳴に驚きダックスが吠える
ケージのドアを開けてやると慌てて足下に潜り込んできた

法事で千葉へ行っていたタバコ店のNさんから新鮮なハマグリを頂いた
酒蒸しにして早速食した
小ぶりだったがことのほか旨かった
法事の後「ひたち海浜公園」の ”ネモフィラ”を観てきたという
素晴らしいスケールで息を飲むほどだったらしい
もっとも花の数に劣らず人出も凄かったと言っていた
Nさんは先日”高遠”へも出掛け満開の桜を満喫してきた
「この春は最高の景色を堪能出来たよ そっちは三春の桜残念だったな 
普段の行いの違いかな アッハハハ」...
悔しいので今から間に合うバスツアーを探した
あった!4日に「ひたち海浜公園」の ”ネモフィラ”が
大渋滞を覚悟で一日だけでも世間並みの遊びに参加できるか ...

カレンダー通りに今日明日は取り敢えず仕事だけど
電話も鳴らないし来訪者もなしで閑古鳥が鳴いている
Amazonプライムで聴き放題の音楽を流しっぱなしだ

3日には真梨子さんの劇場公開抽選がある
クミコの新曲をPVで聴いた
今回も自分には合わない
どうしたものだろうか ...
このまま行くとクミコからますます遠ざかるような気がする
彼女はもしかして文化人に変身してゆくのかもしれないな
なんてことがふと頭を過ぎった ...




共通テーマ:日記・雑感

予定無し ... [徒然]

marunuma.jpg

やっと陽気が落ち着いてきた
好天が続き吹く風も清々しい

黄金週間に入った
いつも通りダックスの散歩に出かける
田舎町でも見ることが少なくなった鯉のぼりが住宅街の空を泳いでいた
広い農家の敷地なら何の制約もなくでかい鯉も泳げるが小さな住宅の密集地では
それも叶わない
でも五月の風にそよぐ小さな鯉を見ているとこちらまで幸せのお零れを貰ったような気がした
ダックスの後ろ足の調子が悪い
そのせいかなんとなく元気もない
散歩の途中で何度かマッサージをしてやらないと座り込んでしまう
気温が上がってきたので様子も良くなると思っていたのだがこれでは真冬よりも
悪化しているようだ
先日の検診でも異常は無かったし血液検査の結果も順調だった
座り込むダックスになんとも言えぬ哀れを感じて堪らなくなる

黄金週間の予定はない
もっともダックスが心配で自分が予定を立てないだけのことなのだが
ハイキングくらいは行こうと思う

BS放送が面白い
「火花」「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」「ワカコ酒」「孤独のグルメ」等々 ...
切った張ったのドラマは観たくない
なんのたわいもない日常を描く番組に癒やされる
まぁ年寄りになった証拠なんだろうな ...
前にも書いたが相変わらず「深夜食堂」を繰り返し観ているしな ...
でも物欲だけは旺盛で”ARC'TERYX”の最新シューズが欲しくて堪らない

来週は仕事でK君と会う
仕事はそっちのけで音楽談義に花が咲きそうだ


共通テーマ:日記・雑感

加川 良さんが残した「みらい mirai」... [歌手]

kagawa.jpg

mariko.jpg

加川良さんの遺作CD「みらい mirai」が届いた
カヴァーを含めてたった6曲のアルバムだ
いつもの通り押しつけがましさはない
しかし考えさせられる重厚さは秀逸だ
1曲目の「青空」が胸を打つ
”ブルー・ハーツ”の名曲が加川さんの歌唱で蘇った
今だからこそ必要な楽曲なのだ
代表曲「教訓」に通ずるこの作品に託した加川さんの心境がズンッと胸に突き刺さった

真梨子さんが初のスクリーンに登場する
昨年のツアーとニューヨーク公演が映像で蘇るらしい
明日から先行申し込みが始まるが抽選だという
上映日数は不明だが神奈川県は桜木町のブルク1館のみの上映だ
6月のコンサートは申し込み済みだからどうしようかと考えているが
まぁ桜木町へも足を運ぶことになるのだろう


共通テーマ:日記・雑感

桜...桜...あぁ桜 ... [徒然]

DSC_0091.jpg


DSC02549.jpg

DSC02565.jpg

DSC02595.jpg

DSC02602.jpg

DSC02606.jpg

DSC02620.jpg

4月に入ってから雨の日が多い
今日も夕方から雨の予報通りで空が暗くなってきた
桜の花も散り汗ばむ季節が近づいてくる

ダックスと桜を楽しんだ
当然ダックスには興味などなく見物人の姿を追うだけだった
でもちゃんと花見用にサツマイモのおやつを用意していることを奴は知っている
純国産の紫芋を乾燥させたワンちゃん用のおやつだ
ネットから購入しているが相当に高い
近くのスーパーにも類似品が置いてはあるのだが
中国産だから心配で買えないでいる

ここ数日は遊びで忙しかった
眼鏡店オーナーのH氏に誘われて近くの山を歩いてきた
厚木奥にある広沢寺からの「鐘ヶ嶽」ハイキング登山だった
低山だがバリエーションルートを歩いたので太ももに張りが残っている
そして翌日は福島は三春町の「滝桜」見物へのハード日帰りバスツアー参加だった
以前にも書いたが犬馬鹿と化した自分にはダックスを他所へ預けることができない
だから泊まりでの旅行なんぞとんでもないことなのである
したがって何処かへ出かけるにしても日帰りのみなのだ

郡山までの道中は長かった
それでも往路は「滝桜」への期待から狭いスペースも苦にはならなかった
3カ所の休憩を挟んで正味4時間弱で目的地に到着したが
東北道を下りてから車窓越しに見る山々に華やかな色彩は全くなしで
目に入る鮮やかは菜の花の黄色だけだった
嫌な予感通り「滝桜」も蕾のほとんどが閉じたままでほんの数輪が
遠来をもてなしてくれた
そんな訳で帰路は気持ちも身体も苦痛に苛まれることになった
足腰は痛いし車内は生温かいしで大声でわめきたくなった
帰宅したのは22時30分 ...
ダックスはオシッコもウンチも我慢していた
慌てて散歩に連れ出すとすぐに大量のオシッコをする
ダックスの心根を勝手に推察するとまた愛おしくなった
これじゃ泊まりの旅行は絶対に無理なのである






共通テーマ:日記・雑感

また一人 ... [歌手]

kagawaryou.jpg

ひどい風が吹き荒れている
のそのそとベランダに出て行ったダックスが慌てて引き返す
低い姿勢ながら体重が軽いから吹き飛ばされそうになったのだろう
パタパタ風に煽られるダックスの耳がダンボのようで可笑しいやら可愛いやら ...

ダックスを外へ連れ出しいつもの散歩道を歩く
市民センター近くに大きな桜の木が立っている
咲き始めた桜の花はまだ5分咲きで
空がピンクに染まるまでにはもう少し時間がかかる

加川良さんが死んだ
白血病だったという
拓郎と人気を二分するほどの実力派フォークシンガーだった
最後まで商業主義とは無縁だったと思う
悔しいのは俺の使っている”一太郎”で「かがわりょう」と打っても
「加川良」が出てこない ...

隙間だらけの空間に早めに咲いてしまった桜を見ていたら胸が熱くなった
頭の中を「偶成」が流れる
周囲を見渡しそっと涙を拭った
俺のアイドルがまた一人旅立ってしまった            合掌

共通テーマ:日記・雑感

ダックスの散歩道 ... [徒然]

DSC_0049.jpg

今月二日の深夜から吉田拓郎のラジオが始まった
二三日前から心待ちにしていた
1時間番組だが不覚にも途中で寝てしまい後悔の夜明けであった
でも便利な時代で1週間だけ聞き返すことができるのだ
タイムフリーというソフトがそれを可能にしてくれる
しかしまたまた途中で寝てしまったのだ
あぁぁ ...
と言うわけで先程仕事場のパソコンで無事全放送を聞き返すことができた

昨年の9月から禁煙が続いている
とは言ってもたまに貰いタバコはしているのだが ...
1月に1万数千円のタバコ代が浮くようになった
その中からほんの気持ちだけ ”ピースワンコ・ジャパン”に寄付を始めた
犬の”殺処分”ゼロを目指している団体だ
今でも年間1万頭を超える犬が殺処分されているらしい
犬好きとしては掻きむしられるほどの胸の痛さだ

ダックスと散歩に出かけた
道路状況の良くない我が町では散歩のコースも決まり切っている
そんな散歩道に時々ワンコのウンチが転がっている
マナー欠如の飼い主がまだまだ多い
ちなみに我が家は”ウンチパック”なる袋をネットで定期購入している
ダックスの散歩にはこの袋と水入りのペットボトルが必携なのである
オシッコをしたら水で流す ウンチをしたら袋でつまみ取る
本当に簡単なことだ
いつも感ずることなのだが気持ちと懐に少しの余裕もない人は動物を飼うべきではない
犬も猫も生き物だ 我々と同じように身体を壊せば医者の世話になるしかない
保険が効かないから治療費も高額だ
ウンチパックだってまとめて買えばそれなりの額になる

動物は可愛い
胸に抱えたい
余程の動物嫌いでない限り誰しもが持つ感情だろう
でもその感情だけで安易に飼ってしまう動物好きが多いのにも困ったものである

共通テーマ:日記・雑感

ラッセル ... [徒然]

moon.jpg

雪崩で死んだ若者が気の毒でならない
何故あの時あの場所でラッセル訓練をしたのだろう
引率のリーダーだった教諭は”あり得ない事故”だったように
記者会見で話していた
彼は「責任」と発してしまうところで口ごもり「反省」と言い換えたように思えた
斜度30度に降り積もった春の新雪が滑りやすいことに思いが至らなかったのだろうか
経験の豊富さが妙な自信と確信を生んでいたのだろう
慎重さを学ばせることもベテランの役割だったはずだ
責任論をぶつつもりはないが見す見す若者の命を奪ったことが残念でならない

独立して家を出た娘の部屋に二台のピアノがある
音を出さなくとも毎年の調律は欠かせない
今年もその調律が終わった
グランドピアノの横にチェロが立てかけてある
娘が音大時代に選んだ副科の楽器だ
中古だが心に染み入る音が出る
子育てと仕事の掛け持ちで疲れ切っている娘には音楽に勤しむ時間はない
ピアノはともかくチェロなら俺でも何とかなるかも知れない
楽器だって置かれているだけじゃ可哀想だ
年寄りの手習いに音楽教室へ通ってみようかと思っている

いつの間にかAmazonのプライム会員とかになっている
登録した覚えはない
年会費が3千円ちょっとでなんだか馬鹿らしいが音楽が聴き放題だという
まぁCDを買うよりは全然安いか
早速Bluetooth経由でスピーカーに音を出した
クラッシックから歌謡曲までほとんどが網羅されている
おまけにスマホにダウンロードもできる
こりゃ便利だ
もうCDを買う時代ではなくなったな ...





共通テーマ:日記・雑感

桜の木の下で ... [徒然]

DSC00778.jpg

果樹園君から釣りの誘いがあった
久しぶりの海だから行きたいのは山々だったが
誘いの日は墓の掃除と決めていたので諦めた
もっとも以前から彼岸と盆は殺生をしないことにしているので
予定がなくとも断っていた
でも海に出たい気持ちは強く残る

NHKの「ワイルドライフ」の録画を観た
知床で生きるヒグマ親子のドキュメンタリーだ
過酷な自然に身を置く親子に唯々感動した
命がけの捕食 子別れ 独立 ...
画面に向かって ”頑張れ!”と声を発する自分がいた
再生を終え部屋を出る
玄関で丸まっているダックスを思わず抱きしめた
ダックスの温もりに思わず涙が流れてしまう
こんな姿を嫁さんに見られたら笑われたことだろう

安倍内閣が陰りだした
真っ当な国民であれば今の政権と自民党には愛想を尽かしているはずだ
正直のところ港を離れ航海し始めた頃の安倍さんには期待もしたし
良くやっていると好感もしていた
でもその後の舵取りは滅茶苦茶になった
「驕る平家は久しからず」の故事そのままで先を読めなくなったようだ
やはり船長の器ではなかったのかも知れない
安倍さんの悲劇は取り巻き(奥さんも含めて)に恵まれないことも大きな原因だ
国民が一番馬鹿をみることになる
同じような事態が ”東芝”にも起きてしまった
被害者は当然社員になる
政治だろうが企業経営だろうがリーダーに先見性と能力がなければ
ただの ”お山の大将”でしかない

日本人の美徳の一つは ”情緒”だと思っている
何事にも相手の立場を踏まえそしておもんばかる
美しいものには感動し弱きものには涙するそして手を差し伸べる ...
もうそんな時代じゃないのだろうか
時代錯誤と笑われるのだろうか

NHKの「火花」がいい
なんかすごくいい
若者がもがき苦しんでいる
でもちゃんと明日を見てる
タイムマシンに乗れたなら自分も若者に戻りたい

今年も満開の桜の下に人々が集い感動し喜び笑いときに涙するのだろう
まだまだ日本も日本人も捨てたものじゃないはずだ
なんとか正しい方向に船首が向かうことを願うだけだ



共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -